2015年10月26日

熊本副知事に最年少の38歳 蒲島知事、教

熊本県の蒲島郁夫知事は新しい副知事に県政策参与の小野泰輔氏(38)を起用する方針を固めた. 県議会に同意を求める議案を提出する. 知事が東大教授だった時の教え子で、県によると、就任すれば現職では全国最年少の副知事になる見通しだ. 蒲島知事は9日、複数の関係者に対し、総務省出身で12日に任期満了を迎える兵谷(ひょうたに)芳康副知事(53)の後任として、小野氏を起用する考えを伝えた. 県によると、小野氏は東京都出身. ナイキサッカー 日本へ「アリガトウ」 援助隊、レイテ島で 東大法学部で蒲島ゼミの1期生として新党を研究した. 1999年に卒業後、外資系コンサルタント会社勤務や衆院議員秘書を経て、08年に初当選した蒲島知事の求めで県政策調整参与に就任. 県の政策作りに携わってきた. 蒲島知事は9日、小野氏の起用について「まだコメントできない」とする一方、「ずばぬけて聡明(そうめい)で、行動力がある」と話した.
posted by MatsumotoKitazawa at 15:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください