2016年08月21日

日立、水事業強化へ 東南アジア・中東で計画

日立製作所傘下の日立プラントテクノロジーは、東南アジアなどで水事業を強化する方針を明らかにした. 上下水道の処理や工場排水の再生で10件、事業規模で計1千億円程度の受注を目指す. 海外勢に出遅れていた水事業で巻き返しを図る. ベトナム、マレーシア、インドネシアのほか中東などで事業を強化する. ナイキ エア 上下水道事業の場合、設備を売り込むだけでなく、料金徴収や保守管理などの受注も目指す. 工場などの産業排水では、逆浸透膜を使った再生処理なども手がける計画だ. 早いものでは2013年度中の受注を見込む. 日立グループの10年度の水事業の売上高は959億円. うち大半が国内で海外は1割に過ぎない. agitebra 15年度には売上高を2倍の2千億円にする目標を掲げており、東南アジアなどでの受注が達成のカギとなる. 国家公務員宿舎、家賃値上げ 16年度まで
posted by MatsumotoKitazawa at 17:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。