2016年01月30日

すくすくパンダ、わくわく台湾 初の現地生

台北市動物園で昨年7月に生まれたパンダの赤ちゃん「円仔(ユワンザイ)」が6日から一般公開されることになり、4日に報道関係者に初公開された. 円仔は飼育員に抱えられて参観エリアに入ってくると、木の遊具に登って遊ぶなどあどけない姿を見せていた. 特集: どうぶつ新聞 円仔は台湾で初めて生まれたパンダで、すでに大人気. 見学には入園時にパンダ館の入館券を手に入れる必要がある. 午前9時10分から午後5時10分までの10分単位で各回400人の人数制限があり、1日最高1万9200人が見られる. 生後6カ月の円仔はすくすくと育ち、体重は約14キロ. 母親の「円円(ユワンユワン)」と同じ部屋で公開される. 同園によると、円仔は1日の7割の時間は眠っており、動いている姿を見られる確率が高いのは開園から11時、午後4時~5時という. ナイキ ジョーダン マツダ、新型エンジンの生産能力倍増へ 本 (台北=鵜飼啓).
posted by MatsumotoKitazawa at 08:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。